当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付する

いますぐお電話する

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     特に何もしていないが足に疲れ、重だるさが出てしまう方。
     足の浮腫がなくならず下半身だけ異常に太さが出てしまうのが気になる方。
     あまり運動をしないせいか足底のアーチがなくなり扁平足になり歩くたびに下腿部の疲れやすさが出てしまう方。
     歩くとかかと付近が痛くなってしまい歩く気にもならなくなってしまう方。
     運動を行う時に準備運動などでジャンプなど行うと足底部もしくはかかと、もしくはその両方が痛くなってしまう方。
     日常的にストレッチやランニングなどの運動をあまり行わない方。 
     

  2. 足底腱膜炎に対する当院の考え

    膝が痛い

    足底腱膜炎は足底にある足底腱膜という部分に大きな負荷もしくは硬くなってしまい柔軟性が無くなってしまった時に軽い負荷がかかったとしても起こる炎症、部分断裂、断裂になります。になります。よくある原因としては若年層で多いのは使いすぎ、負荷のかけすぎです。若年層は基本柔軟性に富んでますが、ずっとではありません。ストレッチなどをサボってしまうと若年層でも発症してしまうことがあります。青年層、中年層になると、健康に対する意識が高まる方もいますがここで気をつけなければならないのはシューズです。クッション性が少ないもの、足底のアーチを形成しないものを吐き続けていると運動していたとしても発症してしまいます。

  3. 足底腱膜炎を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足底腱膜炎を放っておくとどうなるのか、考えるだけでも恐ろしいですね。そのままの状態にすると慢性的な炎症、足底のアーチの減少、それらに伴う下肢の筋力低下、腱膜の部分断裂、もっとひどくなってしまうと断裂してしまい歩行時に窮屈さ、困難な状態を作ってしまいます。これらが起きてしまうとまず身体を動かすことが少なくなってしまいます。そのことにより足底だけでなく他の身体の部位の筋力低下が起きてしまいます。 
    基本人間は対応力のある生き物です。痛みがあればそこを庇ってしまい痛くないように身体を動かすため別の部位に負担をかけてしまいます。

  4. 足底腱膜炎の改善方法

    膝の痛み

    足底腱膜炎の改善方法としてまず状態を確認しなければなりません。急性期で炎症がひどい場合であればまずはriceの処置を行います。1番は冷やすことですね。炎症が落ち着いたら腱膜部、それらに関連する部位のストレッチを行い柔軟性を作っていきます。柔軟性がなければ繰り返していくため念入りに行います。慢性的になってしまう場合は腱膜部はもちろんかなり質の悪い状態になっているのでその部分は良い意味で長い目で見てしっかりとゆっくりと柔軟性を作っていき腱膜、筋肉の質が上がれば下腿部など筋肉をつけていき繰り返さないような状態を作っていきます。

  5. 足底腱膜炎の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    当院で行なっている足底腱膜炎に対する治療法はいくつかあります。             
    まずは原因を特定する必要がありますが、足底のアーチが減少している状態、いわば扁平足の状態であればアーチの形成、足根骨の位置関係を調整しまずは痛みの原因となっている部分の負担を減らします。基本人間の身体はきちんとした位置関係に有れば負担がない状態、緩んでいる状態なのでそれらを形成する足の極みという治療方法もあります。    
    柔軟性のない場合であれば、足底部や関連部位に鍼治療を行いその部分に血液を集め老廃物などを排出し、痛みの原因を取り除くことも可能です。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    足底のアーチを形成、足根骨の調整をする足の極みという治療法ではまずは骨格、バランスという部分を整えていくため周りの筋肉にも同時にアプローチしていきます。足部に関しては他の部位と比べ細かな筋肉、靭帯、腱、腱膜などが多く存在するため1度崩れてしまうと1つを庇いまた他の部分のバランスが崩れそこを庇いまた他の部分が崩れるということを起こしてしまうためその逆を辿る必要性があります。またその状態がクセになると戻ってしまうため一定期間行い続ける必要があります。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    改善するためには人によりますが一定期間、主に筋肉の細胞周期を用いて変えていかなければならないため最低でも3ヶ月は行う必要があります。
    柔軟性に関しては有ればあるほど良いので行う期間が長ければ長いほど身体の状態は仕上がっていきます。
    また戻ってしまう、習慣で癖の強い方に関しては1年間はしっかりと続け良い状態の癖づけが必要になります。

TOPへ戻る

運営会社 株式会社クラシオン

COPYRIGHT© 市川南口整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by curacion

Scroll Up