当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付する

いますぐお電話する

悩みタイトル

  1. 股関節痛

    長時間座っている時に股関節に違和感や痛みを感じてしまう方
    慢性的に腰が痛く長い時間同じ姿勢を保っているのが難しい方
    運動はするが日常的にストレッチを行えず身体に柔軟性がない方
    運動をする際に柔軟性が足りず十分なパフォーマンスをすることができない方
    ただ立っているだけで身体がふらふらしてしまい重心がブレてしまっている方
    柔軟をする際に左右で差が大きく出てしまっている方

  2. 股関節痛に対する当院の考え

    腰痛

    股関節痛が出てしまう原因としては多くありますが、当院の考える、これまでの患者様傾向からある股関節痛の原因としては「股関節のズレ」と「柔軟性の低下」です。    
    「股間節のズレ」といっても関節がぽっかり開いているわけではありませんので安心してください。まず関節というのは骨Aと骨B(もしくは骨Cもある)が正常な動作を行うため、関節を袋で包み靭帯や筋肉でくっついているような状態です。その骨Aと骨B、それらに付着している筋肉の回旋状態や屈曲伸展状態が続いてしまうと先程上にあげたもう一つの原因「柔軟性の低下」に繋がります。そこから関節に負担がかかり正常な位置関係を崩してしまいます。

  3. 股関節を放っておくとどうなるのか

    o脚

    股関節痛を放っておく状態、それらは先程上にあげた関節の在り方の状態から回旋や屈曲進展状態をそのままにしていて、なおかつ人によっては柔軟性が大きく失われた状態ということになります。その状態はかなり低いレベルで有れば日頃から意識してセルフケアを行えばある程度の改善は見られると思います。ですがそれ以上の状態になると関節や筋肉の状態は正常とはいえないので、ストレッチをしていても伸びている感じがしなかったりストレッチのスタートポジションすら上手く行うことができないということにもつながってしまいます。     

  4. 股関節痛の改善方法

    明るい挨拶

    股関節痛の改善方法としてはいくつかありますが、まずは根本的な原因をはっきりとさせることが重要だと考えています。なぜ股関節に痛みが出てしまったのか、そこをしっかり詰めていくことから始めます。よくある原因に「足を組む」、「姿勢が悪い」、「柔軟性がない」などがありますが、これら以外に股関節とはあまり関係の無さそうな部位からも症状に繋がってくる可能性があります。例えば足関節です。足関節が内反している状態だと下肢の外側に負荷がかかり身体の中心部である骨盤に外側に向ける負担がかかってしまいます。そうすると臀部の筋肉が張ってしまうため股関節に不具合が出てしまうので足首も治す事を考え少しずつ改善させていきます。

  5. 股関節痛にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    股関節に症状が出てしまっている患者様に当院で行っている治療メニューとしてはなぜ股関節痛が出てしまっているのか、そこの原因にもよりますが多くある原因として位置関係のズレや上でも挙げた股関節ではない部位による負担がかかり股関節、もしくはそれ以外に負担がかかり今1番出ている症状として股関節があるというものがあるのでそういった症状に対してはベースとして矯正治療を行ない骨格の位置関係を整え柔軟性を徐々に出していくという治療方法をとります。更に柔軟性がかなり落ちてしまっている患者様に対しては骨盤はがし、筋膜ストレッチという治療を行なっていきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    楽になる施術

    まず矯正治療についてですが、骨格のズレによって回旋や屈曲進展状態ができてしまっているのを骨格を整えることで少しずつ柔軟性を出し筋肉の運動やクセを整えていきます。
    骨格や筋肉には良い悪いどちらもその状態が長く続くと必ずクセというものがあるので長期的な治療計画を立てる必要性があります。
    さらにそれらでは不十分な症状の患者様に対しては骨盤はがし、筋膜ストレッチを行い筋肉の柔軟性、骨格の状態を同時に整え症状を徹底的に取っていきます。

  7. 軽減するための施術頻度は?

    明るい挨拶

    必要な回数は症状にもよりますが治療を受け始めた最初はどんな症状であれ頻度を上げて治療を行うのが好ましいと考えます。痛みのある状態で普段の生活をするとそれを庇い別の部位に対してストレスがかかってしまうため治療を行う部位が増え最終的に時間とお金ばかりが増え続けてしまう可能性が生まれてしまいます。それらは患者様自身にとって大きく影響してしまうので最初はペースを上げてそこからペースを落ち着かせながら通うことが患者様にとって1番だと思います。

TOPへ戻る

運営会社 株式会社クラシオン

COPYRIGHT© 市川南口整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by curacion

Scroll Up