当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付する

いますぐお電話する

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

    熱感、腫れ、外くるぶしの痛み、内出血
    そういう症状のお悩みはありませんか?このような症状に当てはまるのは足関節捻挫が大きく疑われます。足関節捻挫とは、関節を作っている脛骨、腓骨、距骨を固定している靭帯(三角靭帯、外側靭帯)の損傷を言います。認識では捻挫はすぐ治るやほっといても治るという考えが多いと思いますが、骨折や脱臼よりも難治になりやすい怪我です。理由としてはしっかり治さないと癖になり何度も再発しやすいからです。なのでしっかり治すのが必要です。

  2. 足関節捻挫に対する当院の考え

    膝が痛い

    色んな患者様が捻挫を軽く考えていると思います。すぐ治るや痛みが軽減したから運動していいと思う方が大半だと思われます。捻挫は完治しないと何度も繰り返す恐れがあり、また足関節が緩み歩いている時や走っている時に違和感や多少の痛みが伴います。足関節は人間の体重を支えている関節の一つなのでスポーツ選手などであれば良いパフォーマンスできなくなります。そこで当院は、まず今まで学んできた解剖学的知識を活用し分かりやすく説明しその考え方を取り除きます。そしたら自然と重大さを知ってもらえているので、そこからどういう治療をするかどのくらいの期間が必要なのかを説明します。

  3. 足関節捻挫を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足関節捻挫を放っておくとどうなるのか?

    足関節捻挫は骨折ではないので、歩くことができます。痛みは多少ありますが歩くことができ、アザや腫れ内出血などもみられることは大抵の場合ありません。なので特に処置をせずに普段の生活をしてしまう人がほとんどです。捻挫の部位によっては痛みが感じにくい事もあるので、後々検査したら損傷していることも有り得ます。靭帯を修復するには、安静、固定、冷却が基本です。そしてなるべく早い段階で応急処置をすることが早期回復につながります。
    処置をなにもせず放置していると治りが遅くなり、関節部がぐらぐらして安定しないため足関節捻挫が癖づき何度も繰り返してしまうことがあります。そして最終的には手術という手段を取らなければ治せなくなるのです。繰り返すと関節の軟骨がすり減ってしまったり、伸びてゆるんだ靭帯が切れてしまうことがあります。切れた靭帯は自然治癒させるのが難しいので、手術で縫い合わせる必要があるのです。

  4. 足関節捻挫の改善方法

    膝の痛み

    足関節捻挫の改善方法

    捻挫の主な症状は、痛みと腫れです。損傷具合によって、次の3つのレベルに分類されています。
    ・レベル1:腫れも痛みも軽く、一時的に靱帯が伸びている状態
    ・レベル2:靱帯の一部が切れている状態
    ・レベル3:靱帯が完全に切れており、関節が不安定な状態
    靱帯は関節を構成する骨を固定する役割があるため、緩んだり、切れたりして機能が怠ってしまいます。そして歩行などの動作に支障をきたします。
    捻挫した場合は、応急処置として患部を氷や冷たいタオルで冷やし、炎症を抑えます。関節が動かないようしっかり固定して、むやみに動かさないように安定させます。
    通常は数日から1週間ほどで治りますが、治療を怠ったり、間違った処置を行うと、治りにくくなることがあります。完治するまでは、運動やマッサージを控えて、安静に過ごすことが大切です。温めると逆効果になるので、受傷後2、3日は入浴を控えて患部を冷やすことで経過が変わります!

  5. 足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    当院で足関節捻挫に対しての適切な治療としては、鍼、電気メニュー(楽トレ、EMS、インテレクト)、矯正が効果的だと思います。損傷初期は、炎症や腫脹、皮下出血がある場合は、まず患部にアイシングをし損傷部位ではなく周りの組織に鍼を打ち緩めます。そういう症状が引いてきたら患部に対して電気治療を行い修復速度をあげます。完全に修復したら最後に足関節の歪みを取り除くために矯正でアジャストをかけます。損傷度合いでは期間を延ばしたり減らしたりもしていきます。この言った治療が当院での最も足関節捻挫適した最善の治療だと思います。なのでこの治療を行う事により完璧に近い状態になります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    その治療を受けるとどう楽になるかと言いますと、まず最初に楽に感じることは少ないかと思いますが、鍼は抗炎症作用があるため鍼とアイシングで炎症と腫脹を取り除くことができます。そうなるとだいぶ痛みが無くなります。痛みが無くなる事により歩行中の不安などが取り除かれます。でもそれだけでは完治したとはなりません、電気などで促進効果を生み出しまた周りの筋肉を鍛える事により楽に歩行が気にならず楽に行えます。結果しっかりと治療を行う事により完治しなりも考えず普段通り楽に過ごせる事になります。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    足関節捻挫の損傷度合いで頻度は変わります。3度損傷では断裂しているためほぼ毎日の来院頻度が必要だと思います。2度損傷では部分断裂なので3度損傷よりはペースを落としても大丈夫だと思います。週に4のペースがベストだと思います。1度損傷は微小損傷なので週に2、3で大丈夫だと思います。でも多く来院することに越したことではないので来れる日は来た方がより治りも早くなります。

TOPへ戻る

運営会社 株式会社クラシオン

COPYRIGHT© 市川南口整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by curacion

Scroll Up